2010年04月27日

バッジ(その4)

バッジにオイルを塗ります。
今回使用したオイルはリボスのアルドボスとサンユーペイントの春風です。
bachi3
最後にレーザーでAMCCの文字の印字です。
bachi4
裏面には番号を印字し最後に金具を取り付けて完成です。
bachi5
バッジは当日配布いたします。
皆さんに会えることを楽しみに待っております。(G)
posted by AMCC CAMP at 19:58| バッジ

2010年04月25日

バッジ(その3)

今日は1個、1個ペーパー掛けです。仕上げを丁寧にしないとと心が引き締まります。
bachi1
ある人が体操にたとえて言われました。『いくら途中の演技が良くても最後の着地が決まってはじめて高得点をもらえる。私たちも同じでいくら途中が丁寧であっても最後を決めないと良い物にならない。』いつも仕上げる時はその言葉を思い出しながら面や仕上げにより神経を使って仕上げます。昨年よりも加工の工夫をしたお陰で仕上げが楽でした。
一人ですべてする場合は良いのですが、別の人にお願いする場合は次の人のことを思いやってモノづくりをしなければなりません。そうでないと次の人が苦労します。モノづくりには思いやりが一番大事です。思いやりのある仕事をしている旭川のメーカーさんは仕上がりが良くいつも勉強させられます。思いやりのあるモノづくりをしている人達は素敵です。旭川の木工の人が好きな理由の一つです。
bachi2
(G)
posted by AMCC CAMP at 22:37| バッジ

2010年04月17日

バッジ(その2)

キャンプに向けてバッジを製作しています。
サクラ材でバッジを製作している様子です。
桜はシウリザクラ(シュリザクラ、失利桜)です。
経年変化でこの色は濃さを増します。

1度に10個ずつ加工しています。

sakura

sakura1


サクラの木目がキレイに出るように板目を使用しています。
加工しているとき桜の木の心地よい香りがしました。

次の工程はペーパーかけです。(G)
posted by AMCC CAMP at 15:55| バッジ

2010年04月14日

参加者用バッジ(その1)

旭川木工コミュニティキャンプ参加者用のバッジの製作を始めます。

AMCCのロゴデザインは大治さんです。(サイズはΦ34mm)

昨年度はAMCCのバッジを道産のナラ材にしました。

昨年度のバッジ。
nara


毎年材料を変えようと言う事で10年間参加すると10種類の材料のバッジが揃います。

今年は道産のサクラ材にします
丸太から製材し、天然乾燥した材料です。

木目を見ながら材料の木取りを行います。

加工の様子は随時ブログでアップしてゆきます。(G)
posted by AMCC CAMP at 19:27| バッジ